ツンデレ&ツインテールでラブストーリーだ!「つよきす Cool×Sweet」レビュー!

   

つよきす Cool×Sweet 全6巻セット [マーケットプレイス DVDセット]

 放映時期  2006年7月~2006年9月
 原作 つよきす
 公式サイト http://www.mxtv.co.jp/tsuyokiss/

私立竜鳴館に転校してきた近衛素奈緒。
演劇好きな彼女は、竜鳴館に演劇部を創設しようとするが、生徒会長の霧夜エリカは「劇を見て自分が感動すれば創部を認める」との発言。
その日の放課後、一人で演劇を行う素奈緒だが、その場に偶然現れた対馬レオの影響で素奈緒の劇は失敗してしまうのだった……。

 

評価点数:66点 ★★☆☆☆(頑張ってるとは思う)

 

※ネタバレを含みません。

 

ツンデレ恋愛&友情譚は侮れない

原作は恋愛ゲームなわけだが、その背景を全く知らずに本作を視聴すれば、単純に、

「恋愛ドラマ」

としての側面が強い。
原作ではヒロインの一人という立場だった近衛素奈緒を主人公にして描いた、乙女な視点のラブストーリーだ。

 

そしてその物語の完成度は、決して低くない。
演劇部創設を巡るドタバタという、一本筋の通った物語の中で、効果的にラブコメが重ねられていくためだ。
主人公の素奈緒のキャラクターは「わかりやすいツンデレ」なのだが、そのキャラクター性には視聴者に媚びるような要素がなく一本筋が通っており、見ていてなかなか気持ちいいツンデレである。
この素直なツンデレ(矛盾?w)が、徐々に恋に揺らいでいく様は、実に「乙女チック」である。
少女マンガのよう……では決してないが、素直になれない自分と、胸の奥の本当の気持ちに揺れるツンデレさんの恋絵巻というのは、視聴者の本能を刺激するものが往々にしてあるのだろう。
少しづつ動いていく気持ちの描写も破綻なく、佳作と呼べるクオリティにあると思う。

 

また、その他のヒロインのキャラクター性も悪くない。

……というより、各ヒロインたちは基本的に近衛素奈緒との関係性を中心に描画されるために、その色彩は必然的に「友情」に傾く。
そしてそれぞれのキャラクターがツンデレ(w)なので、杓子定規な友情ではなく、軋轢や反目を生じた上で友情が芽生えるような展開になるのだ。
このヒロイン同士の心の交流もまた、きちんと専用のエピソードを用意し、丁寧に描かれている。
本作の出来の良さに、一役買っていることは疑いない。

 

原作ファンには多分ウケない?w

私は原作をやったことはないのだが、このアニメ作品はつまり、

「近衛素奈緒だけを徹底して描いた作品」

である。
その他のヒロインは当然出てくるし、出番が少ないわけでも決してないが、あくまでも主人公は近衛素奈緒である。
ひっきょう、ラブストーリーは近衛素奈緒のものだし、挫折も成功も経験するのは近衛素奈緒だ。

つまり、他のヒロインファンには決してウケないだろうことは、想像に難くないw

 

ただ、こういったギャルゲーを面白いアニメにするためには、マルチヒロインという要素を捨て去るこのは必須なのだ。
本作のアニメとしての面白さは、明確な主人公を置き、わかりやすい敵役を配置した上で、きちんとしたラブストーリーを作り上げた土台があってのものだ。
他ヒロインを結構「ばっさり」と捨てているわけだが、物語の質を担保する上では、無理のないことだとは思う。

 

原作を知らない人には「入り」が難しい…

上述のような要素があるので、決して原作好きにお勧めできるアニメではない。

では全く知らない人が本作を見る機会があるのかと言えば、多分ない。
そもそも昔のギャルゲーアニメは、原作と比べた場合のあまりの低品質さに定評がある作品が多い。
2005年に京アニがAirをつくったあたりで、だいぶその傾向は薄らぐわけだが、それでも本作の年代にはまだまだ地雷アニメが多い印象だ。

この影響もあり、一目で「あ、原作ゲームかな?」と推測がついてしまう「つよきす」というタイトルは、全く知らないアニメ好きに視聴してもらうには、結構なハードルとなってしまう。
「げ、このころのギャルゲーアニメは地雷だろw」で、避けられてしまう可能性が高いのだ。
パッケージ絵やシーンのカット絵についても、お世辞にも「神作画!」といえる要素はなく、本当に一見しただけでは、「ふつーのギャルゲーのアニメ(地雷の可能性大w)」なのだ。

アニメを見てもらって原作へ新規ファンを流入させたいという狙いが当時にあったのだと思われるが、少なくとも今現在、このアニメを進んでみようという人は多くはないだろう。

 

残念だと思う。
少なくとも本作は駄作でも地雷でもなく、真面目に描かれた良質の青春絵巻である。
面白過ぎて止まらない、というレベルでは決してないし、興味を引くような奇抜な設定があるわけでもないが、本当に真面目に懇々と作られた、少女の青春の物語なのだ。
そういうのが好きな人は、視聴する価値がある作品だと思う。

ちなみに点数を凡作扱いにしたのは、ラストシーンがあまり好きではなかったからです。
それまでなら佳作ラインの作品だと思います。


【PR】「円盤はお布施、実用は動画サイト」のすゝめ

アニメを一気見するとき、ひと昔前ではレンタルDVDが当たり前でした。
しかし、それも過去の話。
金額や効率を考えれば、「アニメ見放題動画サービス」の使い勝手が抜群です!

ということで、PR記事!
アニメ見放題サービスの特徴と、多数のサービスの中から「アニメを見る」ことに特化したお勧めをピックアップしてみました。
是非見てみて下さい!

アニメ見放題サービス徹底比較!「円盤はお布施、実用は動画サイト」のすゝめ


本記事が気に入ったら
イイネ!! をお願いします!

Twitter で
The following two tabs change content below.
セトシン

セトシン

子育て中三十路副業ブロガー。「天地無用!」の砂沙美ちゃんに魅了され、アニメの世界にどっぷり浸る。 アニメはとにかくシナリオ重視。芯のあるアニメが大好き。泣きたいけど泣かせにかかる要素は大嫌い。とにかくハッピーエンドで泣かせて欲しい人。

 - アニメレビュー, ドラマ, 恋愛 , , , , ,