近代ギャグアニメの傑作! アニメ版「斉木楠雄のΨ難」レビュー!!

   

斉木楠雄のΨ難 1 [Blu-ray]

 放映時期  2016年7月~2016年12月
 原作 麻生周一
 公式サイト http://www.saikikusuo.com/

とにかくすごい超能力者である斉木楠雄。

彼とその周りのバカどもの日常をコミカルに描いた、珠玉のギャグ・ストーリー!

 

評価点数:88点 ★★★★☆(良作)

 

※ネタバレを含みません。

 

「笑い」こそギャグアニメの全て

正直、かなりの名作だと思うわけだが、その理由は何よりも明朗快活で

「笑わない回が無いぐらいに笑った」

からだ。
ギャグアニメを語る上での評価基準に、それ以上のものはないだろう。
お気に入りのエピソードは上げればきりがないが、とにかく全体的に笑えるし、笑えないエピソードでも十分に面白い。
近年でも結構面白いギャグアニメはあるが、その中でも最強クラスだと絶賛したいと思う。

 

最大の魅力はキャラクターにあり

本作のギャグを支える要素のうち、最たるものはやはりキャラクターだろう。
燃堂や海藤をはじめ、モブキャラサブキャラに至るまで全員のキャラクターが芸術的なまでにバカばかりだ。
およそ外れキャラクターというものが存在しないので、誰が出てきても安定してギャグ感を楽しめる。

 

別作品のレビューにも記したことだが、ギャグアニメというのは、

「バカがバカやってるのが面白い」

というのが大前提である。
常識外れのマジキチレベルのバカが振りまく愛嬌というのが、ギャグアニメの本質だと思う。
この点、本作のキャラクターのバカさ加減は非常に優秀だ。
「おっふって何やねんw」とか突っ込みながらも、視聴後についつい「おっふ」とか言ってしまうカリスマがある(イミフ)

 

そして同時に、良質のギャグアニメは、

「バカどもが群れることによる相乗効果が面白い」

という定義に達していることが多い。
こうなると、誰が何をしてもイミフに面白い。
例え一人一人のキャラクターが「まあまあ」ぐらいでも、相関関係がきちんと描けていれば必然的に面白くなる。

本作が特に優れていると思うのは、こういった各キャラクターの相関関係で無数にギャグを量産できる点だ。
新キャラが出てきても違和感なく物語に絡み、引け目なく面白い。
全員が全員に面白く絡むため、○○が出てないと面白くない…というような依存性が存在しない。

 

実は視聴当初は、海藤には懐疑的だった。
「こいつはつまらない」と断言していた時期もあったほどだ。

だが、海藤は見事にその評価をひっくり返した。
中二病キャラは先達があまりに偉大過ぎて、その真価を発揮しきれないのだが、要所要所での上手いギャグを見せ、お笑いに一役買ってくれる。
「俺の火炎は死ぬまで…」は、しばらく頭の中から離れなかった名フレーズだw

 

同時に味わえるほっこり感

本作がギャグアニメであるのは当たり前なレベルの事実なのだが、それはそれとして、各エピソードにはかなり「いいお話」が多い。
これは主人公である斉木をはじめとして、主要な登場キャラクターが全員「イイヤツ」だからだ。
一話一話、心に染み入って来る要素があり、ギャグ性がなくても普通に見れる。

これは各キャラクターが、単なるキチガイとしてではなく、きちんとした人間とした一面を持って練り上げられているためだ。
登場人物たちはそれぞれにバカだが、それぞれがそれぞれの営みを持った普通の(?)高校生であり、その描写は時として相応の人間らしさを伴う。
青春ドラマのような一面を持つこともあり、物語はとても叙述的なのである。

特に主人公である斉木は、なんでもかんでも超能力で解決できてしまう超チートキャラだが、他人との接触を疎ましく思う彼の、しかしその心根の本当の優しさが、物語に彩りを加えている感じも強いと思う。

こういうの、大事だと思う。

 

時間潰しから一気見まで

本作は豊かなキャラクターたちが織り成す、豊富なネタに支えられた超良作ギャグアニメだ。
とても面白い上に、ギャグアニメらしく「からっ」とした視聴感が売りでもある。
そういう意味で、一気見から時間潰しまで、幅広いニーズに対応できる優秀作だ。

良質なギャグアニメをお求めな方は、是非本作を試して頂きたい。

 


【PR】「円盤はお布施、実用は動画サイト」のすゝめ

アニメを一気見するとき、ひと昔前ではレンタルDVDが当たり前でした。
しかし、それも過去の話。
金額や効率を考えれば、「アニメ見放題動画サービス」の使い勝手が抜群です!

ということで、PR記事!
アニメ見放題サービスの特徴と、多数のサービスの中から「アニメを見る」ことに特化したお勧めをピックアップしてみました。
是非見てみて下さい!

アニメ見放題サービス徹底比較!「円盤はお布施、実用は動画サイト」のすゝめ


本記事が気に入ったら
イイネ!! をお願いします!

Twitter で
The following two tabs change content below.
セトシン

セトシン

子育て中三十路副業ブロガー。「天地無用!」の砂沙美ちゃんに魅了され、アニメの世界にどっぷり浸る。 アニメはとにかくシナリオ重視。芯のあるアニメが大好き。泣きたいけど泣かせにかかる要素は大嫌い。とにかくハッピーエンドで泣かせて欲しい人。

 - アニメレビュー, コメディ , , , , ,