男の子ホイホイですよねわかります。アニメ「武装少女マキャヴェリズム」レビュー!

   

武装少女マキャヴェリズム第1巻 Blu-ray限定版

 放映時期  2017年4月~2017年6月
 原作 黒神遊夜・神崎かるな
 公式サイト http://machiavellism-anime.jp/

 

武装した女子によって支配された学園、「私立愛地共生学園」。
不良たちとの抗争の末に、そこに送り込まれた納村を待っていたのは、「天下五剣」と呼ばれる5人の女子たちだった。
武術の使い手である彼女に率いられた女子たちと、納村の戦いがはじまった。

 

評価点数:66点 ★★☆☆☆(あくまでも凡作だが…)

 

※ネタバレを少し含みます

 

一部の男の子の心をとらえて離さないアニメ

はっきり言って、決して褒められた作品ではないと思う。

作画の質はともかくとして、ノリが完全に「一昔前」のドタバタラブコメディだ。
ヒロインたちが主人公に惚れていく流れの唐突は結構辟易するし、マジメそうな少女たちが恋愛模様でモヤモヤ妄想している姿を見るのは正直苦痛だ。
主人公のキャラクター性の良さから、なんとか視聴に耐えうる、というレベルではあるが、それ以上のものでは決してない。

ただ、そういった一般論を乗り越えて、この作品には決定的な持ち味が一つある。

 

「いちいち画面下に出てくる"技名"の字幕」

 

これがイイのである。
わからない人にはきっと永遠にわからないだろう。
しかし一部の男の子には、これはもう燃えて燃えて仕方がないような演出ではないだろうか?

もう少し具体的に述懐すると、この作品のウリは「リズムとテンポに優れた戦闘シーン」だと言える。
第一話の納村VS鬼瓦戦を見て、何も心に響くものがなければ、本作は視聴するに値しない凡作だ。
しかし、その決して派手ではないが心地よい演出とテンポが、ぐさっと胸に突き刺さる人には、本作は結構楽しめる良作へと早変わりする。
小気味良く、リズミカルに、派手さはないが抜群の構図から描かれた作画に、随所に燦然と輝く「技名」の字幕。
これこそが本作の凄みだと、私は思う。

 

言ってみれば本作は、

「字幕アニメ」

なのだ!(イミフw)

 

ワラビンピックで視聴を頓挫するも…

とはいえ、序盤に壁は多い。
何せ本作、序盤から徐々に面白さが低下していってくれるのだ。
メインヒロイン即堕ち(二話)、第二ヒロイン即堕ち(三話)あたりはまあともかくとして、謎のギャグ回(四話)、クマが邪魔で本作の良さが見えない戦い(五話)と、盛大に4話5話でコケてくれる。

特にワラビンピックなる「運動会」で主人公が戦うことになる四話は最悪の出来栄えで、シナリオは完全に三流ハーレムもの、本作のウリである戦闘シーンは全くなしと、作品の強みをはき違えたかのような展開になる。

その後の五話では戦い(戦闘シーン)に戻るが、クマとの戦闘シーンが悲しいほどに迫力がなく、本作の強みがことごとく消え去ってしまっている。
剣戟の美しさを華麗に再現する本作のバトルシーンも、クマ相手ではやはり盛り上がりに欠けたというべきだろうか。
何より第五話では、天下五剣が相打つという「盛り上がりどころ」なはずなのだ。
銀英伝で言えば双璧相打つ的なレベルのはずなのである。

だがその展開には一切の高揚感がなく、そしてクマとの戦いはどうでもよく、完全に冷めてしまった。
私はここで、一度視聴を止めている。

 

しかし、ここが底だ。

相変わらずのハーレムものが続くが、6話からはやや持ち直し、最終話に向けて徐々に加速していく。
その後最終話までは一気見可能なレベルで、充実した話が続いていく。

 

天下五剣及び女帝の相克を描けていれば…

ただ、それでもやはり「安いハーレムアニメだなぁ」と思ってしまうのは、女子同士での相克関係を上手く描けていないためだろう。
ヒロインたちは勝手に主人公に惚れはするが、ヒロイン同士でのアツい主義主張のぶつかり合いがそこにはない。

こういうバトルアニメ(ハーレムアニメですがw)を恋愛で盛り上げるのは下策だ。
それぞれのヒロインに譲れない信念があって、その誇りをかけて死闘するべきだろう。

そうなると、ヒロイン陣の中で最初にキャラ崩壊(即堕ち)した鬼瓦様の罪は重い。
非常に可愛らしいビジュアルの好キャラだとは思うが、本来なら彼女は簡単には主人公に惚れず、それでも主人公の「強さ」を認めて、「助太刀」してくれるようになるというのが理想的だったのではないか。
ワラビンピックなど必要なく、花酒との戦いをもっと硬質なものに出来れば、本作の魅力は加速度的に向上したに違いない。
もっとも、本作制作陣がそういう展開をやりたかったのかといえば、そうでもないかもしれないが……。

本作はあくまでも、「華麗なる字幕に彩られた戦闘シーンを楽しむ」ことに主眼を置くべき作品だ。
細かいことは考えず、「地味にイイ」戦闘シーンと無意味なほどに次々と繰り出される技を、単純に楽しんでみるのも一興というべきだろうか。


【PR】「円盤はお布施、実用は動画サイト」のすゝめ

アニメを一気見するとき、ひと昔前ではレンタルDVDが当たり前でした。
しかし、それも過去の話。
金額や効率を考えれば、「アニメ見放題動画サービス」の使い勝手が抜群です!

ということで、PR記事!
アニメ見放題サービスの特徴と、多数のサービスの中から「アニメを見る」ことに特化したお勧めをピックアップしてみました。
是非見てみて下さい!

アニメ見放題サービス徹底比較!「円盤はお布施、実用は動画サイト」のすゝめ


本記事が気に入ったら
イイネ!! をお願いします!

Twitter で
The following two tabs change content below.
セトシン

セトシン

子育て中三十路副業ブロガー。「天地無用!」の砂沙美ちゃんに魅了され、アニメの世界にどっぷり浸る。 アニメはとにかくシナリオ重視。芯のあるアニメが大好き。泣きたいけど泣かせにかかる要素は大嫌い。とにかくハッピーエンドで泣かせて欲しい人。

 - アニメレビュー, コメディ , ,