「中学生らしい」恋愛を見事に描く 「からかい上手の高木さん」 レビュー!

      2018/09/06

放送時期 2018年冬アニメ
原作 山本崇一朗
公式サイト http://takagi3.me/

 

あらすじ
中学生の男の子、「西片」が、隣の席の女の子、「高木さん」にからかわれる日常を描く。

評価点数:75点 ★★★☆☆

 

あくまで「中学生の青春恋愛」作品である

一応、作品のカテゴリとしては恋愛モノにしたが、世間一般の恋愛作品と今作品は大きく異なっている。

まず、主人公(男)である、「西片」。
彼がカッコよくない(笑)。

主人公の西片はウブな男子中学生であり、決してイケメン王子様でも、スポーツマンでも、稀代の天才でもない。
普通の中学生だ。

もし、こんな主人公がモテていたら、殺意を抱くが、あいにく主人公の相手はメインヒロインの「高木さん」のみだ。
そこで視聴者が不満を感じることはない。

 

また、高木さんと西片以外の、カップルも存在もしない。

恋愛作品に多いのが、恋のライバルだったり、他のキャラの恋愛だったりするのだが、今作品はそういったものは一切ない。

高木さんと西片以外の描写として、同じクラスの女子3人組の話が挿入されるが、それも別に恋愛ドラマや重いストーリーが展開されるわけではなく、完全な箸休めエピソードである。

 

そういった意味で、今作品は恋愛モノというより、日常モノといえるだろう。

実際、どちらのジャンルに入れるか相当迷ったが、やはり本作品の一番大きな魅力は何だろうと考えたら、高木さんと西片の関係であり、それは間違いなく「恋愛」なのである。

ただし、大人が考えるような恋愛ドラマではなく、この作品の恋愛は、お互いが気持ちを言わない(気づかない)、不器用な「中学生の恋愛」だ。
この他の作品では見ることのできない、なんとも言えない空気感。
青春感。

これこそが今作品の最大の魅力である。

 

「からかわれる」というシチュエーション

本作品のほとんどが、主人公である男子中学生、「西片」が、ヒロインである「高木さん」にからかわれるシーンがほとんどだ。

 

からかわれる、というのは、本当なら不快になる内容なはずだ。
しかし、本作品の「からかい」ではそうはならない。
むしろ、「からかい」によって胸がキュンとなる。

 

なぜなら、高木さんが行う「からかい」は、主人公への構ってほしいアピールからだ。
好意を、「からかい」という行為で可愛らしく表現しているのである。

このメインヒロインの高木さんのキャラ作りが非常に上手い。

大人びたキャラではいるが、だからと言ってアダルティな感じのキャラではないのだ。
「中学生にしては大人びている」という程度のキャラを上手く表現している。

声優の演技も素晴らしい。
アニメアニメした声のキャラが多い昨今において、珍しく少し現実よりな演技をしている。
少し棒読みっぽいところも、なんとも言えない雰囲気を醸し出し、キャラの魅力を大きく上げている。

そして、この高木さんの魅力は、からかいを受ける主人公と一緒になることで、更に大きくなっていく。

 

嫌味じゃない主人公

恋愛モノにおいて、意外と重要なのが男(主人公)のキャラ。

魅力を感じないキャラがモテるのはムカつくし、かといって誰もが惚れるようなモテ男にしてしまうと、それはそれで面白くない。

 

今作品のキャラはどういったタイプなのかというと、「ウブな中学生」である。

高木さんが行う可愛らしいからかいに、顔を真っ赤にして反応する。
女子とイチャイチャするのは恥ずかしいと思う中学生らしい考えを、高木さんに上手く利用され、そこをからかわれる。
この反応が非常に可愛らしい。
高木さんと同じくらい、いやもしかしたらそれ以上に「萌え」なのだ。

ここで変に恥ずかしがらずにラッキースケベをしたり、逆に下心丸出しだったりするキャラだったら、この作品の魅力は何も活きてこない。

この作品の魅力は何と言っても、このウブな主人公が生み出す、「中学生っぽい青春」なのであるから。
高木さんと西片の、なんとも言えない距離感と、それを表す「からかい」。
それに対する、西片のウブな反応が、汚れきった大人達の心を浄化する。

西片の変な意地や、女子に対する意識なんかに、懐かしみを覚えつつ、自分が経験できなかった極上の青春を体験できるのがこの作品の大きな魅力なのだ。

 

アニメとしては少しテンポが悪いか

前述したように、今作品の雰囲気は日常モノに近い。

アニメとして描かれ方もそうであり、かなりまったりしたテンポで物語が進む。
このテンポの悪さは、ある意味で欠点にもなっている。
微妙な間が良い効果をもたらしているシーンもあったが、自分は間延びしている印象を受けてしまった。

正直、序盤のこの作品の楽しみ方が分からない時点では、面白いと感じるのは難しいかもしれない。
個人的には、15分アニメにしてもっとテンポよく描写してもよいのではと感じた。

 

また、今作品には箸休めとして、高木さんたちと同じクラスの女子3人組のエピソードが挿入される。

しかし、この話があまり面白くない。
不快になるほど、ではないが、もっと高木さんと西片の絡みが見たいのに、と思ってしまう。

 

原作の魅力をしっかりと伝えれたアニメだと思う。
しかし、テンポなどを改善すれば、もっと上を目指せる作品ではあったなと思う完成度であった。

 

劇的な面白さはないものの、独自の魅力を持った良作

この作品のすべては、高木さんのからかいとそれに対する西片の反応であり、この二人の友達以上恋人未満の関係がもたらすニヤニヤ感である。

 

良くも悪くも中学生の恋愛。
この作品でしか味わえないこの恋愛ドラマを、ぜひとも味わってほしい。


【PR】「円盤はお布施、実用は動画サイト」のすゝめ

アニメを一気見するとき、ひと昔前ではレンタルDVDが当たり前でした。
しかし、それも過去の話。
金額や効率を考えれば、「アニメ見放題動画サービス」の使い勝手が抜群です!

ということで、PR記事!
アニメ見放題サービスの特徴と、多数のサービスの中から「アニメを見る」ことに特化したお勧めをピックアップしてみました。
是非見てみて下さい!

アニメ見放題サービス徹底比較!「円盤はお布施、実用は動画サイト」のすゝめ


本記事が気に入ったら
イイネ!! をお願いします!

Twitter で
The following two tabs change content below.
ビッテンk

ビッテンk

熱いアニメが大好きな暇人。小池和夫じゃないけど、キャラクターを重視してアニメを見ることが多い。好きなキャラができれば多少の粗は見逃してしまう。飽きっぽいので途中で切ってしまうアニメが多いのが欠点。

 - 恋愛 , , , ,