キャラ萌えという言葉を思い出した私的超名作。アニメ「会長はメイド様」レビュー!

      2016/08/30

会長はメイド様!Blu-ray 10

放送時期 2010年4月~9月(全26話)
原作 藤原ヒロ
公式HP http://www.tbs.co.jp/anime/maidsama/

星華学園はかつて男子校だった影響から、いまだに男子の数が圧倒的に多く、女子は肩身の狭い思いをしていた。
そんな中、星華初の女生徒会長となった鮎沢美咲は、その超人的な能力と臆することない強きな性格で、男子たちから女子を守るべく、日夜戦い続けるが……そんな彼女には、他人に言えない秘密があった。
彼女は、メイド喫茶でメイドとしてバイトをしていたのである。

評価得点:★★★★☆ 80点(良作)

※ ネタバレ有につき、ご注意の上お読み下さい。

 

安定感抜群の古き良き日常系アニメ

この作品をカテゴライズするのには、恐らく「恋愛」というジャンルが最も最適なのだろうが(原作少女漫画だしね)、個人的には「日常系」というカテゴライズがしっくりくるんじゃないかと思っている。
それも最近の「ユル」い日常系ではなく、一世代前のドタバタラブコメディを想起させる日常系だ。

個性的なキャラクターが多く、日常の中に次々と埋め込まれたキャラクターたちのやりとりを、一部抜粋してお届けいただいているような、そんなアニメだ。

 

話の展開は各話ごとにだいたいワンパターンで、美咲が頑張りすぎてピンチになったところを、スーパー超人の碓氷に助けられるという、「碓氷さんぱねえっす!」展開だ。
特に序盤は、だいたいこういう展開が続いていく。

普通なら辟易しそうなものだが、不思議と本作には飽きが来ない。
これは恐らく、登場人物のキャラクターがきちんと「立っている」ためだ。
美咲や碓氷はもちろん、3バカを筆頭にしたキャラクターは濃密で、見ているだけで面白い。
個人的には、妹が大好きです(笑)

 

そして、毎回繰り返される「碓氷さんぱねえっす!」展開は、つまるところ美咲と碓氷の胸キュン展開。
女子のハートをくすぶる要素として十分なのだろうし(非女子なのでここは推測)、そんな各話でのヨイショっぷりに関わらず、碓氷のキャラクターはギャグ方面での味付けが冴えているため、イヤミがない。

 

注目は美咲!徐々に可愛さが増していく…

本作の魅力がキャラクターの魅力であることは述べたが、特に面白いのが美咲だ。

個人的には、序盤はそれほどでもなかった。
確かに超人女子生徒会長VS男子の構図は特殊で面白いが、超人部分が本当に超人なのと、あまり女子的な可愛らしさを見せないので、私的には単に「普通に面白い立ち位置のキャラクター」ぐらいに思っていた。

でも、後半から来る美咲スパークはやばい。
碓氷との関係が徐々に進展していくにつれて、女の子オーラがバリバリ出てきて、可愛らしさマキシマムだった!!
いわゆる「ツンデレ」であるのだが、最近のあざとい方向性ではなく、あくまでも90年代ヒロイン的なツンデレである。

 

これが燃えた!!

 

これが萌えた!!

 

……失礼ww

 

学園祭でアニメが終わってしまうので、残念ながらコミックの途中で終わってしまう。(終わり方は綺麗だが)

しかし!
なんと後期EDテーマのアニメーションでは、アニメで語られることのなかった「碓氷誕生日デート」の模様が静止画ながらも担当のできるのです!!

 

最高!

アニメスタッフの愛を感じました!!

 

飛び抜けてはいないが、安定の面白さが光る良作

時間を忘れてみてしまう……というほどの圧巻の作品ではない。

ただ、アニメとしての完成度は総じて高く、目立った欠点もない。
何度もいうとおり、キャラクターの魅力に支えられた良作だ。

原作は少女漫画だが、男女問わずおすすめできる一作である。

 

私はコミックを全巻揃えてしまいました(笑)


【PR】「円盤はお布施、実用は動画サイト」のすゝめ

アニメを一気見するとき、ひと昔前ではレンタルDVDが当たり前でした。
しかし、それも過去の話。
金額や効率を考えれば、「アニメ見放題動画サービス」の使い勝手が抜群です!

ということで、PR記事!
アニメ見放題サービスの特徴と、多数のサービスの中から「アニメを見る」ことに特化したお勧めをピックアップしてみました。
是非見てみて下さい!

アニメ見放題サービス徹底比較!「円盤はお布施、実用は動画サイト」のすゝめ


本記事が気に入ったら
イイネ!! をお願いします!

Twitter で
The following two tabs change content below.
セトシン

セトシン

子育て中三十路副業ブロガー。「天地無用!」の砂沙美ちゃんに魅了され、アニメの世界にどっぷり浸る。 アニメはとにかくシナリオ重視。芯のあるアニメが大好き。泣きたいけど泣かせにかかる要素は大嫌い。とにかくハッピーエンドで泣かせて欲しい人。

 - アニメレビュー, コメディ, 恋愛 , , , ,