【アニメ】にゃんこい!

      2016/07/07

にゃんこい! Blu-ray-BOX

放送時期 2009年10月 - 2009年12月(全12話)
原作 にゃんこい!(漫画)
藤原里
公式HP http://www.tbs.co.jp/anime/nyankoi/

蹴飛ばした空き缶で「猫地蔵さま」を壊してしまい「やがて猫になってしまう」という呪いを
受けてしまった猫アレルギーの持ちの高坂潤平は、呪いを解くために嫌々ながら100匹の猫に善行を実施するのであった。

評価得点:★★★☆☆ 73点(視聴可能)

※ ネタバレ有につき、ご注意の上お読み下さい。

ゲームっぽい演出

この作品の特徴はなんといってもゲームっぽいところでしょう。
・スティールドラム etc.によるポップなBGM
・OPでのカラフルな文字
・テンポよく、矢継ぎ早に変わっていく場面
・ベタなギャグのリアクション
・数々の特徴的なヒロイン
それらの要素がうまく合わさって、
まるでゲームを自動送りで観ているような感覚に襲われる作品。

特に、場面転換で多用されるキャラのスクロール演出による、
物語のスピード感の表現は、必見!!

ハーレム展開! だけど一途!!

クラスメイトの楓
主人公と幼馴染でメインヒロインとは親友の加奈子
ヘンタイなる美の追求者、凪先輩
双子のうちの電波系担当の琴音
双子のうちのツンデレ担当の朱莉

主にこの五人のヒロインがワイワイする話となっており、
内容としてはいわゆるハーレム物に分類されるものだが、
他のハーレム物作品と異なる点は、主人公の気持ちが初めからはっきりしている点。

主人公はメインヒロインに一途で、
そのことは他のヒロインにも周知となっている。

そのおかげもあり、ヒロインたちのアタックは
一歩引いた部分から行われ、そこがおれの心をくすぐってくるのだよ!!

"叶わない恋…だけど、くっついていたい"

いわゆる"負け組"のヒロイン達が、不器用に表現する恋心が
この作品をより一層引き立てているのだ。

個人的なお気に入り話

ちなみにおれが一番気に入っている話は9話。
話としては水着が出てくるサービス回なんだけど、
最後に加奈子が自分の気持を初めてはっきり示す部分の演出が神がかってた。

夕日をバックにして家に帰る途中で、
赤信号に引っかかって立ち止まる加奈子。

潤平からメールが来て、メールを見た瞬間、
青信号に変わって…の場面。

「なんであんなことを…」と気持ちが止まって赤信号。
メールがきたところで「いい加減気づけよな…」青信号。

自己を否定する場面(赤信号含む)に、メールを挟んで、
自己を肯定して欲しい(青信号含む)という場面。

この場面があってこその最後の一言
「好きって気づかなきゃ、楽だったのにな…」
が栄えてくるんだよな。

BGMも聴いてくれ!!

冒頭にも記載しているけれど、BGMも特徴的なこの作品。

ポップなBGMを基本として配置してはいるが、
要所要所でフルートや口笛等の様々な楽器で、多種多様な表情を演出している。

ポップ調の曲が流れていると思ったら、クラシック調の曲が流れるといったように、
BGMが非常に多彩なのである。

BGMどんな人が作ってるんだろーと思ったら
・大川茂伸→あの『ハッピー☆マテリアル』を作った人
・三輪学 →リトバスの音楽手がけてる人
結構大物っぽい。

一番のBGMの見どころは、何と言っても提供クレジット時に流れる「猫ふんじゃった」アレンジ。

ねこねこパンチ、ねこねこパンチ
でも、も一つあるのさ、ねこキック!!!

なんと遊び心あふれたBGMなのでしょう!!
単純明快、しかも耳に残って覚えやすく、作風にもよくマッチしている。

さらに、小林ゆうさんの強烈なイラストと相まって、何とも言えない世界観は必見!!!

結論→さわやかで、ゆるやかで、それでいて笑える作品

だらだら流れないテンポ良いストーリーや
猫視点のちょっと変わった構図
程よいギャグ具合と
ポップで面白いBGM
作画、音楽、ストーリーともに大満足。

面白いアニメをありがとーーーーーーーーー!!


【PR】「円盤はお布施、実用は動画サイト」のすゝめ

アニメを一気見するとき、ひと昔前ではレンタルDVDが当たり前でした。
しかし、それも過去の話。
金額や効率を考えれば、「アニメ見放題動画サービス」の使い勝手が抜群です!

ということで、PR記事!
アニメ見放題サービスの特徴と、多数のサービスの中から「アニメを見る」ことに特化したお勧めをピックアップしてみました。
是非見てみて下さい!

アニメ見放題サービス徹底比較!「円盤はお布施、実用は動画サイト」のすゝめ


本記事が気に入ったら
イイネ!! をお願いします!

Twitter で
The following two tabs change content below.

KSK

精神的ニート。だらだらとアニメを見続けることに快楽を感じるライトオタク。 かわいい女の子がきゃぴきゃぴしているアニメを好む傾向あり。基本的に、涎を垂らしながら「かわいー」を連呼する。

最新記事 by KSK (全て見る)

 - アニメレビュー, コメディ, 恋愛 , , , ,