2016年夏アニメのオススメは!? 第1話の感想まとめ…残るアニメ、切るアニメ【前編】

      2017/01/25

西暦、2016年夏。

世界は、核の炎に…………は包まれていないですが(w)、夏アニメはどんどん新作がはじまってます。

主にバンダイチャンネルでの視聴となる私はようやく第一話たちが落ち着いた時分。

遅いわっ!? ……って?
田舎はリアルタイム放送追いかけるの大変なんだよ……(´・ω・`)

 

でわ早速、2016年夏アニメで面白そうなヤツ、駄目そうなヤツを、第一話を見た感想から分別してみたいと思います!(´・ω・)ゞ

※超絶独断と偏見なのでヨロシクです!w

 

DAYS

期待度:★☆☆☆☆(多分切る)

 

一番最初に見た夏の新作アニメ。

黒子のバスケでバスケ、ハイキューでバレーというスポーツアニメが圧倒的な出来栄えを魅せる昨今。
もちろん大御所である野球にはダイヤのAが君臨しているというこの状況で、足りないのがサッカーアニメだろう。

ということで、最初に見たのがこのDAYS。
某燃費不正車と同じタイトルながらも(笑)、マガジン連載作品ということもあり、かなり期待度は高かった。

 

……結論から言えば、この一話で続きを見ろというのは苦行だ。

 

正直、自分もフットサルをやっているが、このアニメ作ってる人や原作者はフットサルやったことあるのか?
いやフットサル以前に、サッカー知ってるのか?

第一話からは、そんな印象をプンプン受けました。

 

ただし本作に関しては、正直そんな細かいことはどうでもいい。
そんな欠点を些少であると切って捨てることができるぐらい、主人公の描き方が下手だ。

 

多くの作品は、第一話で「何かしら主人公の魅力」を魅せることに腐心するものだ。
本作でもこの主人公の「溢れるほどのガッツ」はよーく伝わってくる。

でも、まったくカッコ良くない。

勘違いしてはいけないのが、努力する姿も熱意ある姿も、視聴者を魅了できる要素ではない。
その努力や熱意によって生み出された黄金の結果こそが、視聴者に「カッコいい」を届けることができるのだ。

大空翼は、第一話で圧倒的な能力を見せつけた。
競技こそ違えど、ダイヤのAの沢村は第一話で高校生の強打者と相対して魅せたし、ハイキューでは日向が一瞬だけ能力の片りんを見せつけてくれる。本作の主人公は、何も見せてくれなかった。
正直、そこがすべてではないだろうか。

 

少年マガジンで連載してアニメになるぐらいなので、きっと原作は面白いのかもしれない。
頑張れれば見てみますが、果たして……。

 

チア男子

期待度:★☆☆☆☆(多分切る)

 

DAYSよりは面白いし、話の作りは丁寧だ。
作画もしっかりしてるし、原作者の知名度も今後に期待をもたらす要因でもある。

 

が、第一話はまったくもってつまらない。

 

そもそも男子チアなんて競技には、多くの人は興味がない。
これは男女どうこうという以前に、応援というものが「勝負」ではないからだ。
したがって、その興味のない(という前提)のチアにいかに興味を向けさせるかが、第一話の焦点だったはず。

しかし、実際には謎の柔道部くだりが展開されただけだった。
この一話いるのか?チアを始める動機はいまいちわからないし、本当に必要な話だったのか疑わしい。
そしてよしんば必要な話だったとすれば、より今後のクオリティは疑わしい。
この程度の柔道部くんだりの話を今後に引っ張られては、はっきり言って「燃えない」と思う。

 

大けがをした元柔道のスターが、応援する立場にまわる。
でも柔道のスターだから、「俺物語」の剛田猛男みたいなデカイヤツね♪
さあ、こんな鈍重そうな大男にチアなんてできるのかな??

 

……じゃあダメなんだろうか?

むしろ小奇麗にまとめてきそうな感じがある分、期待度は非常に低い。
多分見ないです。

 

テイルズオブゼスティリア ザ クロス

期待度:★☆(見る)

 

この作品までに出会った夏アニメたちが残念だっただけに、出来栄えは圧巻だった。
さすがUFOTABLE、と言うべきなのだろうか。

正直本編に入ってないので、何とも言い難い。
だけど作画と世界観だけで、全然面白いと思える。

 

「次はどうなるんだろう?」

「これはなんでなんだろう?」

「この世界はどんな世界なんだろう?」

「この世界でどんな物語が始まるんだろう?」

 

そんな純粋なファンタジー作品の面白さを匂わせてくれる、快作の予感だ!

 

作画的には第一話の剣戟シーンでお腹いっぱい、十分満足、これだよUFOTABLE。
唯一の欠点は、ヒロインっぽい女の子が何であんなにフトモモを露出しているのかが納得できない点のみです(笑)

 

rewrite

期待度:☆☆☆(見ないと思う…)

 

最近めっきりPCゲームとはご無沙汰な私だが、何とKEYのゲームが原作ということで期待していた。

作品の雰囲気……というかキャラクターの作り方が完全にKEYで何だか懐かしい。
見ながら「くすっ」と小さく笑えてしまうかけあいも、相変わらずの上手さだ。

 

でも正直、これAIRとかから進歩してないよね?

 

キャラクターメイキングにマンネリ感が強く、エピソードの作り方も「一世代古い」と言った印象。
(ギャルゲーだからこんなもんかもしれないけどね)

まあ第一話見ただけで大きなことは言えないし、そもそもKEYの作品って後からゴリゴリ来る系なので、見続けたら涙が止まらなくなるような大きな仕掛けが用意されているのかもしれない。
ていうかされているんだろうな多分。

ただ、京アニという最大の理解者を失ったKEYのアニメが、果たしてどこまで輝くのかは、第一話を見た限り怪しいラインではないかな。
このエピソードの流れが原作通りだとすれば、ギャルゲーの流れをそのままアニメ化した制作側は、90年代や2000年代初頭の終わってたギャルゲーアニメたちを作り直すつもりなのか……?
何度も言うように、原作知らないし第一話だけの感想なので、あくまでイメージだけどね。

 

もうちょっと様子を見るか、どうするか。
化ける感じもあるんだよなぁ……。

 

アルスラーン戦記 風塵乱舞

期待度:★★★(死んでも見る)

 

楽しみにしていた続編。

トゥラーンとの戦いはややあっさりとしている感じだが、全体的に原作ファンから見ても満足できそう。
同時に破綻してしまった原作2部をなかったことにしてほしいという、淡い期待も込められているww

絶対に原作2部は手を出さないと思うので、第一部だけでどう話をまとめにかかるのかが見どころ。
1期の段階で、エンターテイメントとしての質は原作と比べても圧倒的に上がっているので、期待するなと言うほうが無理なのですよw

まあ別格の存在感、といったところだろうか。

 

 

今のところ、アルスラーンとテイルズ、そして引き続きジョジョといったところがこの夏のリアルタイムで見るアニメって感じでしょうか?

さて、第一話感想は何と後編(中編w)に続いてしまいます(笑)


【PR】「円盤はお布施、実用は動画サイト」のすゝめ

アニメを一気見するとき、ひと昔前ではレンタルDVDが当たり前でした。
しかし、それも過去の話。
金額や効率を考えれば、「アニメ見放題動画サービス」の使い勝手が抜群です!

ということで、PR記事!
アニメ見放題サービスの特徴と、多数のサービスの中から「アニメを見る」ことに特化したお勧めをピックアップしてみました。
是非見てみて下さい!

アニメ見放題サービス徹底比較!「円盤はお布施、実用は動画サイト」のすゝめ


本記事が気に入ったら
イイネ!! をお願いします!

Twitter で
The following two tabs change content below.
セトシン

セトシン

子育て中三十路副業ブロガー。「天地無用!」の砂沙美ちゃんに魅了され、アニメの世界にどっぷり浸る。 アニメはとにかくシナリオ重視。芯のあるアニメが大好き。泣きたいけど泣かせにかかる要素は大嫌い。とにかくハッピーエンドで泣かせて欲しい人。

 - アニメレビュー, ブログ, 新アニメ