アニメ版「甘々と稲妻」レビュー! とても綺麗だが、これはエンターテイメントなのか?

      2017/01/16

甘々と稲妻 Blu-ray BOX

放送時期 2016年7月~2016年9月
原作 雨隠ギド
公式HP http://www.amaama.jp/

一人娘のつむぎと二人で暮らす高校教師の犬塚は、ある日教え子である飯田小鳥とばったり出会う。
ひょんなことから、3人は小鳥の家である料亭で、美味しいごはんづくりに挑むことになる。
日々外食や弁当ばかりだった犬塚は、愛娘に手作り料理を食べさせてやることができるのか?

 

評価得点:★★☆☆ 70点(難しい作品)

※ネタバレを含みません

 

人によって好みが別れる作品

恐らく、明確に見る人によって評価が割れる作品だ。

といっても、駄作では決してない。
物語の作り込みも、アニメーションとしての出来栄えもいずれも不足はなく、作品としての完成度は高い。

では何故好みが別れるのかというと、恐らく「本作に何を求めているか」が人によって変わるからだ。

 

私の本作についての感想は非常に明確で、

「結局何が言いたかったのかわからない」

という、どちらかといえば否定の方向性である。
物語を通じて描きたかったものが何なのか、アニメから見えてこないのだ。

もちろん、親子の心の交流はメインテーマなのかもしれない。
ただ、そうであるとすればエピソードは極めて平凡で、物語に伏線も起伏もない。
きわめて一般的な起承転結が繰り返されるだけだ。
親子の愛情を描くのなら、視聴者の心を激しく揺れ動かすような「仕掛け」がないとエンターテイメントとしては成り立たない。
強烈な「神回」が一話でもあれば、親子愛情エンターテイメントとしての価値は確立しただろうが、本作は高いレベルで作品が安定している変わりに、突き抜けて面白い話があるわけでもない。

 

ただし、これは一面的な見方であることもまた事実だ。
恐らく肯定的な意見としては、

「本作は雰囲気を楽しむアニメ」

という結論が出せるのではないだろうか。
一話一話で「いいお話」が、非常に高いレベルで完成されているため、クる人には一話一話がじんわり染み入るのだろう。
大小の仕掛けに興奮するわけではなく、物語を通して出る雰囲気を堪能するのが、このアニメの醍醐味ではないかと思う。
湯気が立ち上る白いご飯の様子は、私のような物語至上主義が見ても、「あ、いいな」と思ってしまう魅力がある。

個人的な感覚からすれば、「夏目友人帳」に近いだろうか。(私は夏目友人帳も苦手である…)

 

本編がエンターテイメントとして不足している理由

もう一度言っておくが、このアニメは見る人によって評価が明確に割れる。
アニメとしての完成度は総じて高く、視覚から訴えてくる2D料理の凄絶な魅力も、立ち上る湯気に思わず涎を飲み込んでしまうほどで、単純なアニメーション作品として、本作は極めてレベルが高い。

 

問題は私のように、「大きな物語」を求める視聴者だろう。

 

本作において、結局何が言いたかったのか私には判然としない。

成長譚だろうか?
確かに先生もつむぎちゃんもそれぞれに成長する。
だが、その成長はあまりにも微細過ぎて……エンターテイメントとして大切な「フック」になり切れていないのである。

 

とんでもないことを言い出させてもらうと、例えば「主人公の先生が、ブラック労働と育児の狭間で苦闘する」話を描けば良いと思う。
この設定で描ける、最もフックに富んだ話だと思うからだ。
校長・教頭からの圧力、生徒たちからの期待、しかし自分には子供が……。
そういう葛藤・懊悩を、ヒロインである激萌えJKさんの助力を得て乗り越えるのだ。
パパは仕事も育児も、両方諦めないカッコイイ男となるわけである。
しかし育児と仕事に無理をし過ぎたパパは、繁忙期の入試時期に、ユンケルを片手に倒れてしまうのだった……。

 

まあユンケル云々は冗談にしても(笑)、私のような視聴者が求めているのは、「困難」「成長」「勝利」なのである。
これこそが物語の根源であり、躍動感の源だと思う。
エンターテイメントとは、これを如何に描くかに濃縮されるべきだと思っている私のような料簡の狭い人間には、本作は結構厳しい作品だと思うわけです。

 

というわけで私のような偏屈者としては、この作品は、

ミスター味っ子を現代アニメ的にやったらこうなった

という解釈でおります(違w)

 

 

雰囲気を味わい尽くしたい人に…

何度でも言う、本作がかなり好みが別れる作品だ。
ストーリーの充実や物語の起伏等を求める方にはあまりオススメできる作品ではない。

ただ一方で、じんわりとした優しい世界観を味わいたい人には、ガッツリオススメ可能な作品でもある。

 

個人的には女子高生の小鳥ちゃんと先生のラブロマンスを期待しておりました……(泣)

 


【PR】「円盤はお布施、実用は動画サイト」のすゝめ

アニメを一気見するとき、ひと昔前ではレンタルDVDが当たり前でした。
しかし、それも過去の話。
金額や効率を考えれば、「アニメ見放題動画サービス」の使い勝手が抜群です!

ということで、PR記事!
アニメ見放題サービスの特徴と、多数のサービスの中から「アニメを見る」ことに特化したお勧めをピックアップしてみました。
是非見てみて下さい!

アニメ見放題サービス徹底比較!「円盤はお布施、実用は動画サイト」のすゝめ


本記事が気に入ったら
イイネ!! をお願いします!

Twitter で
The following two tabs change content below.
セトシン

セトシン

子育て中三十路副業ブロガー。「天地無用!」の砂沙美ちゃんに魅了され、アニメの世界にどっぷり浸る。 アニメはとにかくシナリオ重視。芯のあるアニメが大好き。泣きたいけど泣かせにかかる要素は大嫌い。とにかくハッピーエンドで泣かせて欲しい人。

 - アニメレビュー, 日常 , , , ,