灼熱の卓球娘第3話が神回だった件について。「アニメの力」がフルに詰まった濃密さ。

   

【Amazon.co.jp限定】灼熱の卓球娘1 (初回生産限定版)(全巻購入特典:「描き下ろし全巻収納BOX」引換シリアルコード付) [Blu-ray]

これ、むちゃんこ面白いね。

2016年秋アニメ、「灼熱の卓球娘」。
絵柄故にちょ~っと心配してたけど、王道的なスポーツものの展開にワタクシ大満足でございます♪(*^-^*)

 

それにしても3話は神回だった

当ブログは基本的には1作品単位でのレビューサイトなので、一話ごとに感想書いたりするつもりはあんまりなかったのですが、それにしても第三話は清々しいほど良い回でした。
思わず記事を書きたくなるぐらいww

一番に思ったのは、制作側から、

「この3話が勝負回だ!」

という意気込みがビシビシ伝わって来ることでしょうかw
OP前のモノローグにはじまり、OPではまさかのレイズナー方式!
徹底してあがりちゃんを魅せてくるわけであります!!

やっぱり、こういう気合は伝わるんですよね。

シナリオも最高潮。
作画もかなり気合入ってたし、EDもまさかの2番までアリで、「切るか切らないかの境目である第三話」に勝負要素を満載してきた感があります。

 

シンプルなシナリオが魅せるアニメの力

ただし、神回とはいってもこの第三話、決してシナリオが良いわけではありません。
たまりにたまった伏線を解決するわけでも、感動的な要素が爆発するわけでもなく、ただあがりちゃんのモノローグ&試合なだけ……。
特に変わったことをしているわけではないんです。

 

ただ、この3話を見ていると、

「ああ~アニメっていいな~」

とすごく思っちゃう。
アニメとしての総合力で魅せたお話だと思うし、アニメだからこそ魅せれたお話だとも思うのです。

 

やっぱり、アニメの良さって、

「実写ではできないキャラクターの機微を描くこと」

が大きくあると思うんです。
繊細な表情って、ドラマで俳優が表現する以上に、アニメでは色々な魅せ方ができる。
そして時間軸をコントロールしやすい(スローにしやすい)アニメの性格も手伝って、スポーツシーンには様々な演出……つまり表情のカットインによってキャラクターの機微を覗かせることができる。

第三話最大の魅力は、まさしくそういう点にあったのかなぁと思ってます。
あがりもこよりも、本当に表情が活き活きしてて、とても瑞々しい魅力に溢れてたなぁ……ちょっとエロかったけどww

 

 

というわけで、リアルに「今期ナンバーワンアニメじゃね?」というゾーンにまで躍り出てきた「灼熱の卓球娘」。
毎週が楽しみで仕方ありませんね~(*´Д`)


【PR】「円盤はお布施、実用は動画サイト」のすゝめ

アニメを一気見するとき、ひと昔前ではレンタルDVDが当たり前でした。
しかし、それも過去の話。
金額や効率を考えれば、「アニメ見放題動画サービス」の使い勝手が抜群です!

ということで、PR記事!
アニメ見放題サービスの特徴と、多数のサービスの中から「アニメを見る」ことに特化したお勧めをピックアップしてみました。
是非見てみて下さい!

アニメ見放題サービス徹底比較!「円盤はお布施、実用は動画サイト」のすゝめ


本記事が気に入ったら
イイネ!! をお願いします!

Twitter で
The following two tabs change content below.
セトシン

セトシン

子育て中三十路副業ブロガー。「天地無用!」の砂沙美ちゃんに魅了され、アニメの世界にどっぷり浸る。 アニメはとにかくシナリオ重視。芯のあるアニメが大好き。泣きたいけど泣かせにかかる要素は大嫌い。とにかくハッピーエンドで泣かせて欲しい人。

 - 2016秋アニメ, アニメレビュー, ブログ, 新アニメ