【ネタバレ有!】「うたわれるもの~二人の白皇~」は名作が駄作か!?(徹底討論!?)

      2016/10/31

果たして、本当に「名作」と呼ぶに相応しいのか?

絶賛の快哉を叫んだ私とは裏腹に、当サイトの寄稿者であるビッテンk氏は、本作を「偽りの仮面の貯金で面白かっただけ」と言い切った。

私の一ヶ月のプライベートを消滅させたゲーム「うたわれるもの~二人の白皇~」。
ようやくゲームをクリアしたビッテンk氏との間で行われた徹底討論の、その一部始終っぽいもの(結構誇張有w)をここに公開しようと思う!!

 

※クドいようですが、ネタバレ有です!!

 

討論者紹介

セトシンセトシン:当サイトの管理人。Win98時代からのうたわれファン。
「二人の白皇」発売と同時に育児家事を放棄、二週間程度でクリアする。

ビッテンkビッテンk:当サイトの寄稿者。人もうらやむ大学生。
サークル活動が忙しく、ようやく最近「二人の白皇」をクリアした直後。

 

 

「二人の白皇」の是非~果たして盛り上がったの?~

ビッテンkビッテンk:
ぶっちゃけ微妙だったわ。偽りの仮面の方が良かった」

セトシンセトシン:
「え、いきなりソコdisるの? 普通に面白かったと思うけど」

ビッテンkビッテンk:
「いやーまあオモシロイといえばそうなんだけどさぁ……。色々微妙じゃない? 全体的に偽りの仮面の貯金をどんどん使っていって、最後には貯金が尽きたって感じ」

セトシンセトシン:
「ああ、それはわかる。けど、やっぱ全体に勢いがあって、止まらなかったけどなー。細かいアラはあったけど」

ビッテンkビッテンk:
「あああああ……そう言われると確かにそうなんだよなぁ、面白いのは面白かったはずなんだよ……」
(※クリア直後で情緒不安定w)

セトシンセトシン:
「まあ確かに、突っ込みどころ多かったけどね。クオン戻ってくるあたりとか」

ビッテンkビッテンk:
「それ! あそこで戻るんなら別に別れる必要なくない!? 前作の感動的なラスト必要なくない!? ラストバトルも全然イミフだったし、ありえんわ!!」(※クオン好きw)

セトシンセトシン:
「ウォシスとかもいらない子だったよなー。爆発に巻き込まれて死んだほうが良かったw クオンのラストバトルは、テーマソングが『永久に』だった点だけアツかったわ」

ビッテンkビッテンk:
「後はトウカの『一つ、二つ、三つ、四つ』が聞けたとこかな。
まあ正直、この作品はライコウの作品だと思うわ。ライコウとミカヅチの兄弟はカッコ良すぎ。ライコウ死ぬまでは全然面白かった。ライコウがラスボスなら全然良かったのに。。。ライコウ死後の話は全部いらんかった」

 

一番の名シーンはやっぱりあの男の…

セトシンセトシン:
「いやでも、最大の盛り上がりどころはライコウ戦の後でしょ」

ビッテンkビッテンk:
「そんなのねぇよ。何処だよ」

セトシンセトシン:
「トゥスクルでのウォシス戦で、ミカヅチ出てきたところ。
アンジュの『ヤマトの左右近衛大将が並び立った!』的な台詞と一緒に、オシュトルとミカヅチが1マス空きで並び立ってるシーンは、鳥肌立った」

ビッテンkビッテンk:
「ああ!! それはそうだわ、あそこはヤバかった! ていうかとにかくあの兄弟ヤバい。そしてミカヅチ強すぎw」

セトシンセトシン:
「後はマロの死んだシーンとか泣いたわ。仲間になるんかと思ってたけど、ならんかったなぁ……」

ビッテンkビッテンk:
「そこも良かった。だからライコウの話までは良かったんだよな、うん。
後はアトゥイの話は好きだったな。前作は戦闘要員でしかないと思ってたけど、今作はマジヒロインしてたw」

 

正体のバレ方に違和感アリアリ

ビッテンkビッテンk:
「つーか、正体のバレ方が全体的にありえなくない? 納得できたのはホント、あのアトゥイの船の上のシーンぐらいだったわ。あそこでさりげなく気付くのは良かったけど、他のバレ方は完全にクソ」

セトシンセトシン:
「つーか本作一番の問題はそこだよな。オシュトルの正体という前作の貯金を、完全にムダ使い。特にクオン」

ビッテンkビッテンk:
「ほんまそれ!! ありえんやろ!? なんであんなハクのツィートでバレるとかってクソ展開にしたの!? メインヒロイン何だと思ってるの!?」(※クオン好きw)

セトシンセトシン:
「帝都爆発5秒前的なシーンでもウォシスにプチリークされたもんなw ラストシーンで気付いてなかったのが、もはやキウルだけだったというありえん展開ww」

ビッテンkビッテンk:
「決戦前のお母さんの下りは悪くなかったけどね。でも、そこでルルティエにバレたのはいらんかったけど」

セトシンセトシン:
「正体バレるのが何の見せ場でもなければ、何の伏線にもなってないもんな。ラストシーンで一斉にわかるほうが絶対良かったのに」

ビッテンkビッテンk:
「ラストの正体バレるシーンで良かったのはオウギとのやりとりぐらいかなぁ。本作のオウギはマジカッコイイ」

 

ヒロイン(特にクオン)の扱いについて

ビッテンkビッテンk:
「何度も言うけどとにかくクオンの使い方ありえんわ!! 合流させるのも早すぎだし、ハクの正体バレるのも早すぎ!! 合流するなら、ラストバトルの手前で、アブカムゥと一緒に出てくるところで初参戦!とかでも良かった!! そしてイチャラブもなかった!!(怒)」

セトシンセトシン:
「後はルルティエも空気だったなー。ていうかあのルルティエ家族エピソード、ルルティエ空気過ぎるw」

ビッテンkビッテンk:
「まあルルティエはそもそも目立たないキャラクターだしなぁ。ココポともに結構好きだけど、影は薄い。キャラクターの描き方が良かったのはアトゥイぐらいじゃない?」

セトシンセトシン:
「マイエンジェルであるネコネ様を忘れてはいけません! がっつり描いてましたよ!」

ビッテンkビッテンk:
「前作の戦犯扱いから、頑張って立場戻したよな~。実際色々な意味で可哀相だったし、ネコネは良かったわ~。でも、ネコネもそうだけど、アトゥイとルルティエ以外には『これは○○の話です』ってぐらいの各キャラごとのエピソードなかったなぁ」

セトシンセトシン:
「それやってたらもう一作かかるからじゃない?(笑) ちなみに、ノスリもあった」

ビッテンkビッテンk:
「ああ、ノスリあった。エヴェンクルガのトキフサにはかなり期待してたんだけど、しょーもなかったなぁ……まあエピソードそのものはソコソコってカンジだったけど」

セトシンセトシン:
「正直、最後のウォシス戦の時点で、もう一作作れそうだったよね。クオンの伏線何も消化してなかったからww 脚本が力尽きたんだろうなぁ……」

ビッテンkビッテンk:
「せやろ!? 何度も言うけどクオンは……(略)」

 

戦闘パートのバランスは改善??

セトシンセトシン:
「つかぶっちゃけ、何回ゲームオーバーになった?」

ビッテンkビッテンk:
「3,4回ぐらいかなー。結構難しかったわ。そっちは?」

セトシンセトシン:
「ゲームオーバーでやり直したのは1回か2回だけど、実際には無数に負けまくって巻き戻ししまくってるww ミカヅチ出てくると基本ゲームオーバーw 最初からやり直すのは面倒くさくてね…」

ビッテンkビッテンk:
「でもレベル上がってないから余計手間じゃない? まあ面倒だけどね」

セトシンセトシン:
「あとさ、難易度って『難しい』でやった? ずっと『普通』でやってたけど……」

ビッテンkビッテンk:
「こっちも『普通』。体験版的なのをやったときに、『難しい』ではじめたんだけど、最初のキママウに撲殺されたw これは選んだらアカンやつやと悟りましたw
戦闘に関しては、前作よりはバランス良かったかな」

セトシンセトシン:
「今作ではアンジュとオウギがエースだったわ。特にオウギが前作より強かったイメージ」

ビッテンkビッテンk:
「あー、オウギ強かった。初代でいうオボロ的な。足早くて突っ込んでいってエルルゥが間に合わなくて死ぬ的なイメージかなぁw まあ今作クオンいるからサポートできるんだけど」

セトシンセトシン:
「アンジュはすげー強かったんだけど、調子に乗って突撃させてあっさり鏖殺される……という展開がよくありましたww 基本的に戦闘パート面倒だったから、攻撃力に全BP振り分けて、短期決戦狙いだったわw」

 

ラストの結論と解釈について

セトシンセトシン:
「旧作ファン的には、最後エルルゥ的ハッピーエンドで良かったんだけど、クオン信者としてはラストはどうなの?」

ビッテンkビッテンk:
「まー一応ハッピーエンドだろうからなぁ……。あのぐらいでいいんでない?」

セトシンセトシン:
「あれ、ハッピーエンドなの? ハクが消えて終わりじゃないの?」

ビッテンkビッテンk:
「いろんなサイトの解釈見たけど、『ハクは神の力を持って消えてるけど、自由に実体化もできる。だから最後クオンの前に少し出てきた』というのがしっくり来てる。」

セトシンセトシン:
「ホウホウ……そういう解釈あるんや。ハクオロ様復活がすべてだったw そしてタイトルがすげーどうでも良かったw」

ビッテンkビッテンk:
「まあ出来れば最後は、ハクはクオンと一緒に旅に出て欲しかったけどね」

 

まとめ:『偽りの仮面』としては名作

セトシンセトシン:
「まあ結局、ライコウの話ってことでまとめかな」

ビッテンkビッテンk:
「うん、間違いない。ライコウがラスボスの『偽りの仮面』としては面白かった、その後はスーパーどうでもいい。てかウォシスがどうでもいい」

セトシンセトシン:
「確かにヤマトの帝都奪還までが『偽りの仮面』の延長と考えれば、そこまでの物語は十分に面白かったね。アンジュが戦線に入ってくるまでの流れもむちゃくちゃ良かったし、アンジュとオシュトルの物語としての『偽りの仮面』は間違いなく傑作かな」

ビッテンkビッテンk:
「クオンの扱いはヒドイかな、許せないかな、別の意味で泣けるかな」

セトシンセトシン:
「まあ大小欠点の多い作品でありましたとw んで、それでも偽りの仮面からの勢いそのままに、名作のまま乗り切ったのが物語序盤であり」

ビッテンkビッテンk:
「クオンの伏線ガチ無視、ウォシスがイミフ、アブカムゥ出てくるのクーヤ無視とか、色々な欠点が浮き出てスーパーどうでも良かったのが、物語後半でした」

セトシンセトシン:
「綺麗にまとまった気がするw まあ『偽りの仮面』をせっかくやったヒトは、この『二人の白皇』も是非プレイするべきということで、最後にまとめたいと思います。色々とイチャモンはつけたけど、基本的には面白いよ!!」

ビッテンkビッテンk:
「クオンファン注意かな」

セトシンセトシン:
「というわけで、うたわれるもの~二人の白皇~のクリア後感想徹底討論会でした!」

 

 

というような感じで、二人してアツく語り終わったのは、深夜三時を終えた頃。

つまり、これだけアツくなれるぐらいに面白かったんだよという点で、きっとうたわれは名作だと思いまする!!
長文ご精読ありがとうございました~!m(_ _)m


【PR】「円盤はお布施、実用は動画サイト」のすゝめ

アニメを一気見するとき、ひと昔前ではレンタルDVDが当たり前でした。
しかし、それも過去の話。
金額や効率を考えれば、「アニメ見放題動画サービス」の使い勝手が抜群です!

ということで、PR記事!
アニメ見放題サービスの特徴と、多数のサービスの中から「アニメを見る」ことに特化したお勧めをピックアップしてみました。
是非見てみて下さい!

アニメ見放題サービス徹底比較!「円盤はお布施、実用は動画サイト」のすゝめ


本記事が気に入ったら
イイネ!! をお願いします!

Twitter で
The following two tabs change content below.
セトシン

セトシン

子育て中三十路副業ブロガー。「天地無用!」の砂沙美ちゃんに魅了され、アニメの世界にどっぷり浸る。 アニメはとにかくシナリオ重視。芯のあるアニメが大好き。泣きたいけど泣かせにかかる要素は大嫌い。とにかくハッピーエンドで泣かせて欲しい人。

 - ゲーム, ブログ